トミーウォーカーのPBW「シルバーレイン」のPC、アストラム・ヒッペアス(b52617)・霜月蒼刃(b52626)2名(+α)と同PBW「サイキックハーツ」のPC霜月蒼刃(d04677)・蒼城飛鳥(d09230)による日記等の雑記です。割と頻繁に背後も出てきますので苦手な方はご注意ください。基本的に背後はとっても痛い人です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
さいなむもの
2009-02-18 Wed 01:34
 学園で、妖狐・文曲の処遇についての意見募集が始まった。
結社でも、皆その話題で持ちきりだ。
信じて受け入れてみるのも道だという者。
あれだけのことをしでかした妖狐を仲間になど出来ないという者。
拷問をしてでも情報を吐かせるべきだという者。
泳がせて、動いたところを叩くべきだという者。
信用などせず、逆に利用すべきだという者。
…皆それぞれだ。

俺も、考えてはいる。
本当に仲間となれるのなら、それが一番なのだろう。
でも、さすがにそれが理想論なのは十分に理解している。
理想に賭け、信じ抜いて見せてこそ相手の信頼も生まれるのかもしれないが、そのために払わなければならないチップはあまりにも高すぎる。
賭けるのが自分の身一つならば賭けてみてもいいだろう。
だが、運命予報士や一般生徒、その他に大きな被害を呼ぶかもしれないというのであれば、滅多な事はできない。
俺は戦争には参加できなかったから直接には知らないが、ゴーストチェイサー達のこともある。
それ以前…俺が学園に来る前にも、色々と因縁があるらしい。
心情的にも、受け入れ難いものがあるのも事実だ。
だから、俺自身も結社でこう言った。

『なんでもかんでも受け入れていいというものでもないだろう』

…。
それを、俺が、言うのか。
思わず、自分で自分を笑う。
『心情的にも受け入れ難い』非道を行ってきたのは、一体、何処の誰なのか。
俺は。
主の命であれば、女子供でも殺した。
どんなに許しを請われようと、受け入れたりなどしなかった。
騙まし討ちもした。見せ掛けだけの信頼を築いては裏切った。
――そんな自分が、のうのうと銀誓館で暮らしているくせに。
「…くそ」
 頭を振って、思考を切り替えようとする。
自分が許されざる存在である事は十分に理解している。
それでも俺は、前を向いて生きようと決めたのだ。
全てを背負って、守るために拳を振るう事を誓った。
例えそれが更なる罪となろうとも、日々を幸せに、笑顔で生きていく。
大切なものがない人間に、『守る』ことなど出来ないからだ。
…だって、いうのに。
「弱いな…俺は」
 搾り出されるように漏れた声は、情けないほどに弱々しくて。
アストがいれば、確実に「女々しい」と罵っただろう。
自分で自分を罵る事が出来るというなら、俺だってそうしたい。
いや、むしろ。今すぐ誰かが俺を殺――
「――破ぁッ!!」
気合一閃。
奈落へと誘う怨嗟の声に、身を任せそうになる自分に喝を入れる。
弱気を全て、気合で吹き飛ばす。
何をやっているんだ、俺は。
今考えるべきは、自分の事じゃない。
妖狐たちの事だというのに。
ぎゅっと拳を握りなおす。
いつの頃からか癖となっているその行動で、静かに気合を入れなおす。
そして今度こそ本当に、雑念を振り捨てて。
俺は、妖狐たちの処遇について再び考え始めるのだった――。



背後より一言。
何も考えずに突発的に書いてみました。
どうしてうちの子はこう女々しくて、強く漢らしくなれないのでしょう。
門崎さんとか見習えー!(笑)
まぁこれも宿命と思ってせいぜいひたすらうじうじ悩みつつ、強くあろうとがんばってくれ、蒼刃(笑)
別窓 | SS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<シルヴィス・ディスクロード プロフィール | 蒼月騎星 | 久しぶりに、報告。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 蒼月騎星 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。