トミーウォーカーのPBW「シルバーレイン」のPC、アストラム・ヒッペアス(b52617)・霜月蒼刃(b52626)2名(+α)と同PBW「サイキックハーツ」のPC霜月蒼刃(d04677)・蒼城飛鳥(d09230)による日記等の雑記です。割と頻繁に背後も出てきますので苦手な方はご注意ください。基本的に背後はとっても痛い人です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
二度目の失恋は、笑顔で。
2009-08-29 Sat 19:35
――辛い想いを、させてしまった。

後悔が、胸をよぎる。
逆に嫌われるかもしれない事は覚悟していた。
仮にそこまでいかずとも、愛想を尽かされるかも知れないと。

だけど、辛い想いをさせようなんてつもりは、全くなかったのに。
むしろ、彼女にだけはそんな想いはさせたくなかった。
なのに俺は…それを、自分の手でやってしまったのだ。



「ごめんな、緋坂…」

 携帯にぶら下がったモーラット。
そこに彼女の面影を見ながら、俺は謝罪の言葉を述べる。

――後悔は尽きない。
彼女の顔が目に浮かぶたび、それは棘として俺の胸を刺す。

…だけど、それでも。
俺は、緋坂を好きになったこと。
そして前を向こうと思ったことだけは、後悔していない。
やり方は間違っていたかもしれないけれど。
過去の罪ばかりを見つめていた自分も、やはり間違っていたと思う。
全力で前を向こうとした、その事だけはきっと正しかったと。
そしてそれが出来たのはやはり、緋坂のおかげだから。
これだけ迷惑をかけられても、俺の心配をしてくれた。
その優しさを、俺は忘れない。

どれだけ後悔しても、俺が彼女に辛い想いをさせてしまった事実は変わらない。
だから、大切なのは、これからだ。
もしも俺にこれから出来る事があるとするならば。
それは。


――今度こそ、彼女への想いを忘れることだけだ。


そして、もし許されるならば、先輩として。
彼女の一途な生き方を応援しよう。

もしもそれは許されないというのなら。
結局は彼女を苦しめるだけにしかならないのなら。
甘んじて彼女の前から姿を消そう。

それが彼女の幸せにつながるのなら…俺はそれを躊躇わない。
共にあるだけが幸せではない、と。
いつか華呼が言っていた言葉が、今度こそ実感を持って理解できる。

「…よし」
俺は見つめていたモーラットのストラップを携帯から外すと…小物入れの引き出しをあけて、そこに置く。
「今日から留守番だ、お前は」

想いは全て、今日ここに置いて行く。
明日からは、新たな感情を抱けるように。

「本当に、ごめん。そしてありがとう。
――緋坂を好きになれて、良かった」

微かに笑みを浮かべて。
言葉と共に、引き出しを閉じる。

明日からは、また新しい一日が始まる。
想い出は胸に。
けれど、この想いだけは置いて。
新しい日々を、前向きに生きていこう。
俺はそう、堅く胸に誓っていた。






~以下いつものぐだぐだw~

と、言う訳で!蒼刃の失恋絵巻、これにて一件落着~♪

アスト「今度こそ本当に終わりなんだろうな?」

うむ。すっきりした終わり方になったろ?

アスト「…まぁ前回のウジウジしやがってたのよりはな」

一つの恋の終わりを向かえ、少年はまた一つ大人になったのです。これぞ青春!!

アスト「派手な玉砕させといてよく言うぜ」

あ、そこは違うぞ。私がやらせた訳じゃない。
むしろ前回の時の方がテンションに引き摺った気がする。背後補正もかかってたし。
今回はそれをかけなかった。蒼刃の思うように全力で行かせてやったんだからな。

アスト「背後補正?」

背後の思惑とか、知識とかな。そういうものでの行動の訂正?
ここの注意書きにも書いてあるだろ?
キャラ知識はキャラ知識、PL知識はPL知識なんだよ。
例えば背後としては結果は見えてた訳だけど…止めたり傷を和らげるような方向へは持っていかなかった。
空気を読まないとも言う(笑)

シルヴィス「なるほど…」

(こそこそ)方向性は違うけどこの間のアストなんかもそうなんだぞ?

シルヴィス「アスト先輩、ですか?」

先週の黙示録スレで冷やかされてたろ?あれは多分ふざけんじゃねぇ!とか照れて真っ赤になる反応を期待されてたのかなーとは思ったんだけど(笑)
あの言い方じゃアストは【気付かない】のでそれを通させてもらいました(笑)
前にアルスさん背後さん、六華ちゃん背後さんと2ピンいいよね、的会話した事あって、アルスさんと六華ちゃんで作ったらいいんじゃないですか的流れになったんですがその時も。

六華ちゃん背後さん「でもアルスさんの彼氏(のような人)に怒られます!」
アルスさん背後さん「激怒しそう!!(爆笑)(おもに「彼氏」呼称について)」
私「…?あの性悪に彼氏なんていたのかよ?そりゃ随分と趣味の悪いやつもいたもんだな。っていってますが?」
ア「そうきた!(笑」

…なくらいだからなぁ(笑)
当たり前のことではあるけど、キャラロールとして譲れる部分と譲れない部分は私にもちゃんとあるのです。蒼刃とか、日々流されてるように見えるかもしれませんが(笑)

アスト「さっきからこそこそ何を言ってやがんだよ?」

いやいや、なんでもないよなんでもー(笑)

シルヴィス「というか、話が大幅に逸れてしまってる気がするんですが…」

っとと。そうだった。
まぁそんな訳で、今度こそ完全に、蒼刃の初恋は終わりです。
今までずっとお付き合いくださった緋坂さんは本当にどうもありがとうございました(深々)
そして今回も一応背後レベルで気まずいとかそういうのはないから大丈夫ですよーと補足を。
度々書いていますが、前からずっと宣言されている事ですので。
前に某方に「本人同士納得していても周りは心配しちゃう事もあるから気をつけてね」と言われたので注釈までに。
ちなみに書いている間のBGMは何故かひぐらしの「confession」でした…蒼刃が乙女なのはそのせいか!!(笑)

蒼刃「何を言ってるんだよ?!俺は乙女なんかじゃないからな?!」
別窓 | SS | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<蒼く、優しい時間の中で―― | 蒼月騎星 | 蒼く、優しい時間の中で――仮プレイング>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 蒼月騎星 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。